2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 小沢新党+共産党+社民党=? | トップページ | 折り返し地点 »

2012年6月28日 (木)

今日も梅雨空

◆梅雨空というものはどうも気分の方もすぐれない。返って、南の島のように
バケツをひっくり返したような豪雨が降って、そのあとは綺麗な虹が夕方の空を
彩る・・そんな日が無いでもないが数えるほどしかない。


◆しかし、日本の雨はそんな単純なものではない。一口に「雨」と言っても昔から
季節により、状態により、気象学的にも、歳時記でも様々な呼び名が付いてきた。
梅雨のこの時期、時に台風を伴い豪雨をもたらす。最近では季節に関係なく

リラ豪雨
なんて雨も加わった。農業にとって恵みの雨のことは滋雨であり、甘雨
瑞雨とも云われ、穀物の成長に欠かせない。 ちょっと調べただけでも、


・春雨=(はるさめ)=春にしとしと降り続く地雨のように、しっとりとした雨。
春霖(しゅんりん)=3月から4月にかけて天気がぐずつく時期に降る春の長雨
 のこと。菜種梅雨とも呼ばれる。
・地雨(じあめ)=しとしとと何時間にもわたって降り続く雨。
・霧雨(きりさめ)=霧のように細かい雨。小糠雨とも云われる。
・霖雨(りんう)=降ったり止んだりが何日にもわたって続く雨。
・俄雨(にわかあめ)=突然に降ってきて、すぐに止んでしまう雨。
・驟雨(しゅうう)=ざあざあと激しく、短時間に降る雨。
・夕立(ゆうだち)=夏の夕方に降る驟雨のこと。白雨(はくう)ともいい、発達した
 積乱雲による雨で、よく雷を伴う。
氷雨(ひさめ)=夏の初めに降る雹(ひょう)のこと。発達した積乱雲による雨で
 よく雷を伴う。冷たい雨を指す場合も。演歌の「氷雨」は冬の歌になった。
秋雨(あきさめ)=9月初旬から10月初旬にかけて降る細い地雨のこと。秋霖
 (しゅうりん)ともいい、梅雨の時期と似たような気圧配置になるとのこと。
・時雨(しぐれ)=晩秋から初冬にかけて降る冷たい俄雨のこと。日本海沿岸
 地域でよく見られる。
・霙(みぞれ)=雪が空中で溶けて、なかば雨のようになって降るもの。
・村雨(むらさめ)=村は当て字で、もともとは群雨/叢雨と書いた。群れになって
 降る雨。ひとしきりさっと降っては止む雨。玉が散っているような雨のこと。
村時雨(むらしぐれ)=ひとしきり強く降っては通り過ぎていく雨のこと。
春時雨(はるしぐれ)=春なのに時雨を思わせるほどの冷たい雨のこと。
・緑雨(りょくう)=新緑の頃に降る雨のこと。
・麦雨(ばくう)=麦の熟する頃に雨のことなど、まだまだたくさんある。


◆子供の頃には騙し雨というものもあって、不思議で面白かった。その他にも
「なごり雨」、「なみだ雨」、「アカシアの雨」、「長崎の雨」、「忍ぶ雨」などあるが、
これは演歌の世界のようだ。こりゃまた失礼!

Dscf4122

« 小沢新党+共産党+社民党=? | トップページ | 折り返し地点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/45978482

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も梅雨空:

« 小沢新党+共産党+社民党=? | トップページ | 折り返し地点 »