2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 原発問題を再考する(1) | トップページ | 真鶴半島散策 »

2012年6月 4日 (月)

原発問題を再考する(2)

◆繰り返すが、原子力そのものに罪は無い。人間が正しく扱うかどうかにかか
っている。結局、人間の傲慢さだけが肥大し、あってはならない未曾有の事故を
惹き起こした。しかし人類は多くの失敗を教訓として、それを克服し、新たな飛
を成し遂げた叡智を合わせ持っている。車は危険だからといってそれを捨て
去り、駕籠や馬に戻れるか。


◆福島原発事故以降、世界の原発に対するスタンスはどうなっているか。その
ニーズは開発途上国も含め、増えこそすれ減ってはいない。ドイツは一時原発
から撤退する動きをみせたが、いまやそれを見直す動きを見せているという。
日本が原発から「撤退する、しないに」拘わらず、原発は間違いなく世界中に
増えて行く。その時に、過酷事故から学んだ日本の技術が求められるのだ。


◆今の日本で原発を新たに建設するということは地勢的にも、国民感情から
いっても不可能だろう。また、使用済み燃料の最終処分問題も解決していない。
さらに、再生可能エネルギーで代替するにはまだまだ時間とコストがかかる。
化石燃料だけの発電では膨大な貿易赤字となることが分かった。


◆エネルギー問題は経済活動を抜きには語れない。これからの日本は現在
ある原発の中で耐用年数がまだあるものに限り、より高い安全性の向上を
図った上、技術を維持していくしかないのではないか。そうしてその技術で世
界の原発をリードし、貢献していく必要がある。人間は結果論だけでもの事を
判断しがちである。失敗ばかりに捉われ、全体像を見落とし、冷静な判断を
見失っていないだろうか。

« 原発問題を再考する(1) | トップページ | 真鶴半島散策 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 昨日でしたか?電力会社が原子力調査??かなんかの委員会に「今の安全基準で大丈夫」と言う報告書を入れるように申し出で、委員会は電力会社に『作文』するよう伝えて云々・・の報道がありましたよね。そんな記録が新たに見つかったとか。
 運営者もそれを監視するべき組織も信用ならず、何を信じて原子力の電気を使えば良いの?
 車を凶器にする運転者が居る危険は知りながら、「それは限定的な危険だ、自分は注意しよう」と考えて暮らしています。
しかし、原発は「自分の注意、不注意」は関係ないですものね。どんな事故が起きる可能性があるのか(人智では想定できないのではないかと思います)、一旦事故が起きればどんな結果になるのか想像もつきません。偉い人たちは、解っているのでしょうか。

 原発の必要理由に「電力が足りない」と言いますが、それは30年前も同じだったそうです。この間、メーカーや電力会社は電気を使わせようと、何でもかんでも電化して夜間営業の店舗も増えました。
原発開発・事故の後始末・核の廃棄物処理の費用が正確にどのくらい掛かるのか、それでも再生エネルギー推進費用より多くのメリットがあるのか、正確な情報を国民に知らせて判断させて欲しいですね。
 衝突する前に停止する車が製作されるようになったように、事故が起きて改良されるのを原発も待つべきでしょうか。
そこまで人智を信じるべきでしょうか。
 国民も、自分の時代だけでなく、地球規模で後世の人類のことも考えて判断すべきでしょう(核廃棄物の処理は確実に後世の負担になる)。
全世界の人がそういう目で政治家を選べば、世界も少しは変わると思いますが、叶わぬ夢で終わるのでしょうね。これからの人類が可哀想と言うしかありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/45526335

この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題を再考する(2):

« 原発問題を再考する(1) | トップページ | 真鶴半島散策 »