« 今日から5月 | トップページ | いつまで、もたつく憲法論議 »

2012年5月 2日 (水)

ツアーバスが大事故

◆GWに入ったばかりの29日未明、金沢方面からディズニーランドに向かうツア
ーバスが関越道で、死者7名、重軽症者38名の大惨事を引き起こした。原因は
運転手の居眠りとされるが、背景にはバス会社の過当競争による運転手の過
重労働、旅行会社の値下げ競争によるバス運行会社へのしわ寄せ、国交省の
行き過ぎとも思える規制緩和とその結果の監督不行き届きなどがクローズアッ
プされている。


◆数年前からこうしたバスツアーもよく利用しているが、その立場から言うと、2
~3日の旅程で添乗員は同乗するものの、運転手一人で1日数百km、全行程
では千数百kmも運転している状況を見るにつけ、運転手の疲労による事故は
いつかは起こり得るだろうと思っていた。不幸にして今回、起こるべくして起きた
訳だが、バスツアーに参加していると、こちらのバスに責はなくとも、事故に巻
き込まれる事も十分在り得るだろう・・・想像するだけで恐怖を覚えることも多々
あった。


◆ヨーロッパを旅行した時も、ツアー会社がチャーターしたバスは国内以上に
走行距離が長いが、高速道では必ず2時間走っては30分の休憩タイムをガッ
チリ取っていた。法律で決められていると頑として固守していた。ついでながら
景色が一番よく見える先頭の席は運転手席の後ろも含めて空席にする。
理由は事故があったとき、被害の確立が最も高いからだそうだ。しかし高速
道路のスピードは日本以上で、大変怖かった。


◆経済活性化のために何でも規制緩和すればいいというものではないだろう。
ものには需給のバランスを考えた適正体制や、経営を正当に維持するための
適正利益というものがあるはずだ。暴利、談合、独占、ダンピングなど極端か
ら極端がいけないのであって、消費者側も安かろう、悪かろうの体質には安易
に乗らない賢明さが必要だ。

« 今日から5月 | トップページ | いつまで、もたつく憲法論議 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/45103241

この記事へのトラックバック一覧です: ツアーバスが大事故:

« 今日から5月 | トップページ | いつまで、もたつく憲法論議 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ