« 国家の品格(2) | トップページ | 今日から5月 »

2012年4月30日 (月)

「初島」探訪記

◆熱海市の南東10kmの洋上に浮かぶ初島は晴れた日には我が家のベラン
ダから遠望でき、夜には灯台の灯りが目に入る。近いので、いつでも行けると
思っていたせいか、一度も訪れたことはなかった。連休の初日、子供達家族
らと熱海に宿泊し、翌日初めて島を訪れた。


◆首都圏から最も近い、手軽なアイランド・リゾート「初島」へは熱海から船で
30分。この日は好天で波穏やか、子供連れの観光客や釣りなどのレジャー
客でほぼ満員だ。近くに見えていても、結構時間がかかるものだ実感する。


◆初島は静岡県唯一の有人島だとは知らず、認識を新たにしたり、面積0.437
k㎡、海岸線の長さが4kmで、1時間も歩けば島を一周でき、人口215人の小
さな島だけど、意外と古い歴史を有していることに驚かされた。


◆近年リゾート開発の浮沈を繰り返した後、ようやく今の形で安定してきたよう
で、レジャー施設はいろいろと整っているが、料金はなんでも結構高い。海中
展望船NOAHに乗ってみたが、それなりに水中展望を楽しむことはできても、
南の海ほど魚種は多くはなく、色の変化が鮮やかというほどでもないようだ。


◆お昼時になると、20数軒あるという海鮮食堂街はどこも満員で、立って待っ
ている状態。時間はたっぷりあるのだから、何もGWの混雑時に来なくとも
閑散な時に釣りでもしながら再訪しようかと、熱海まで戻って遅い昼食となる。

Photo
初島へ渡る船

Dscf3907
小さな初島港へ到着

Dscf3912
初島を後にする

« 国家の品格(2) | トップページ | 今日から5月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 働いている人たちはともかく、サンデー毎日の人は出来るだけ平日に移動するのが賢明ですね。
私は混雑が嫌いだから、バーゲンは勿論No、盆・正月・連休の類には引きこもりを決め込んでいます。
 
 但し4月31日には池崎夫人に誘われて日帰りツアー(旅費はご主人持ち)で、福岡の黒木にある樹齢600年の大藤を見に行ってきました。
時期が少し遅く3000㎡!!!の広がりの中、綺麗!!と見られるのは一部でした。ほとんどは人間で言えば私達くらい・・・かなり時期を過ぎている、無理に見られないこともないが、わざわざ観る程の価値は無い!なんて言って二人で大笑いしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/45079135

この記事へのトラックバック一覧です: 「初島」探訪記:

« 国家の品格(2) | トップページ | 今日から5月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ