2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 北朝鮮のミサイル発射 | トップページ | 決断迫られる原発再稼働 »

2012年4月14日 (土)

思うにまかせぬ再生可能エネルギー発電

◆原発の稼働停止と原油や天然ガスの価格高騰で、太陽光や、風力、地熱など
の再生可能エネルギー発電の早急な普及が求められるが、早くも生産業者と全
量買取りを決める政府のコスト等検証委員会の試算との間に大きな開きが見ら
れ、ことは簡単に進みそうにない。


◆もともと太陽光、風力、地熱、水力などは原料費がただであるし、放射能や二
酸化炭素放出の危険性もなく、無限に使用できるから、将来の電力の主力にす
べきだと云う考えは説得力があり、我々素人に受け入れやすいエネルギー政策
である。


◆しかし、太陽光にしろ風力にしろ思いの外コストが掛かることが分かってきた。
再生可能エネルギー発電に新規可入しようとする業者は政府が全量買い取りを
決めたから、参入するのであって、買い取り価格が低く抑えられれば、採算割れ
となって、撤退し、普及は進まない。これらの発電業者を守ろうとすれば、国民
にその負担が重くのしかかる。


◆いち早く参入に名乗りをあげたソフトバンク孫社長は「1kw/H当り40円を下回
るとかなり苦しい」と述べ、建設を構想する200か所の9割以上が採算割れになる
という。(因みに我が家では1kw当り24.6~7円)これに電力供給会社のコストや
送電コストを加えると実際に消費者が支払う電気料金はさらに上乗せされる。


◆黒岩神奈川県知事も太陽光発電を推進する一人だが、計画は思うように進ま
ず、停滞しているという。欧米などで太陽光発電に力を入れているドイツやアメリ
カの太陽電池パネルメーカーや世界最大規模のソーラー建設を進めていた会社
が経営破たんした。いずれも競争激化やコスト面で合わず収益が悪化したのが
原因。脱原発を目指していたドイツは再生可能エネルギーの普及の難しさに
苦慮しているという。いずれにしろ自然エネルギー発電はどう頑張っても30%
までになり得ないという専門家の見方もある。
(4/12付け読売新聞参照)

« 北朝鮮のミサイル発射 | トップページ | 決断迫られる原発再稼働 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 エネルギー問題は本当に難しいですね。自然エネルギーは皆が理想とするところでしょうが、提供する側も利用する側もコスト高と言う壁にぶち当たる。それこそ想定できない危険を受容する覚悟をするか、コストを全世界(産業のコスト競争があるから一国だけでは不可能)で負担する為の世界協議をするか?
 地球規模で考えなければいけないと思いますが、自分勝手な大国や行動が予想不能な国がある現代では不可能でしょうね。
と言うことは、地球も人類も滅びに向かって進むしかない、と言うことでしょうか。
 人類って案外、否やっぱり、利巧と思い込んでいるバカなんですね。

小生も近年、人類の愚かさに疑いを禁じ得なくなっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/44881689

この記事へのトラックバック一覧です: 思うにまかせぬ再生可能エネルギー発電:

« 北朝鮮のミサイル発射 | トップページ | 決断迫られる原発再稼働 »