« 桜 考 | トップページ | 思うにまかせぬ再生可能エネルギー発電 »

2012年4月13日 (金)

北朝鮮のミサイル発射

◆鳴り物入りで、世界のメディアを招待して打ち上げた北朝鮮のミサイル発
射は見事に空中分解して、失敗に終わった。金日成生誕100年とか、金正恩
の最高指導者就任とかの記念行事の手前、格好悪いことこの上もないだろう
が、今回失敗を素直に認めたことは、少しは進歩した表れか。それよりまず、
北朝鮮自ら「自分達の国は正常ではない、狂っている国だ」ということを認識
することから、全ては始まるだろう。

◆この北朝鮮のミサイル発射実験の傍らで、インドが16日~24日にかけて射
程5,000kmの弾道ミサイル発射実験をすると発表した。新聞の扱いは北に較
べて極端に小さい。 中国に対する抑止力にすると同時に、米露といった核・
ミサイル大国の仲間入りを果たし、発言力を高めたいという狙いがあると見ら
れている。

◆アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエル
までは核と弾道ミサイルの保有は認められて、それ以外はNOだという論理は
「既成事実だからしょうがない」ということなのか。七つの国の保有は正しくて、
その他の国の保有は間違いだというのは核保有国の勝手な論理だとする
イランや北朝鮮の云い分も分からないではない。核開発、保有を止めろと云
うなら、まず核保有国が全面廃棄することが先決だろうと云われれば、一理
ある。

◆かつて核拡散に危機を感じ、米ソ、米露で核削減をやったものの、相手
よりは有利を保ちたいという思惑があるから極めて限定的だ。まして中国
などは絶対に手放すはずがない。地球上から核兵器が無くなる日が来る
だろうか。核保有国が紛争解決や力の外交の手段として位置付けている
限り、あり得ないだろう。もし、あるとすれば核戦争が起こってどこかの国が
消滅してしまった時だろうか。いや、それでも核の威力を改めて再認識して、
保有を続けるかもしれない。そうなれば、人類は救いようのない大馬鹿で
しかない。

« 桜 考 | トップページ | 思うにまかせぬ再生可能エネルギー発電 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/44867984

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル発射:

« 桜 考 | トップページ | 思うにまかせぬ再生可能エネルギー発電 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ