« 近未来の日本の姿 | トップページ | 針のない時計 »

2012年3月21日 (水)

春分の日の上野動物園

◆お彼岸の中日の昨日、お墓参りの帰りに久々に上野公園に立ち寄った。折し
も動物園が無料開放ということで、穏やかな春の陽射しに誘われてぶらり入園。
家族連れで超満員だが、それでもカメラに収めたくなるシーンもあった。


Dscf3720_2

上野動物園のゾウは栄養がいいのか肌に艶があって若々しい。

Dscf3722_2

のんびり昼寝しているライオンを見ると1961年にヒットしたトーケンスの
「ライオンは寝ている」のメロディが思い浮かぶ。ウラ声の出だしが好きだった。


Dscf3730_2

クロサイは絶滅危惧種。全世界で4000頭あまり。いまだに漢方の薬として
珍重される角を取ろうとして密猟が絶えないという。愚かな事だ。


Dscf3725_3

ハシビロコウをNHKの自然動物番組で初めて見た時はビックリした。その
ハイビロコウが目の前にいることに感激。じっと動かずにこっちを見ている時
何を考えているのか、見飽きない。


Dscf3732_3 ジーッと見る姿はド迫力

Dscf3735_2

不忍池の中ほどの小島にオオワシが2羽巣を造って(人工)留まっている。
傷ついたワシを手当てしたが、飛べないことが判明、ゲージも何もないだけ
に最初はビックリさせられる。翼を拡げると2m30㎝というから猛禽類の
王者の風格は十分だ。


この他にも見どころははたくさんある。動物園はなかなか自然のままの状態
を見せてくれないが、それなりに面白さはある。

« 近未来の日本の姿 | トップページ | 針のない時計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/44577370

この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日の上野動物園:

« 近未来の日本の姿 | トップページ | 針のない時計 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ