« 梅満開 | トップページ | 春分の日の上野動物園 »

2012年3月17日 (土)

近未来の日本の姿

◆消費税増税を巡る民主党の党内論議が3日も4日も時間をかける割には定ま
らず、推進派、反対派の溝は深まり、混迷している。党内論議で一定の方向を
みても閣議決定、本会議、参議院の通過とハードルは高い。小沢一派は本会議
で造反しようと手ぐすね引いて張りきっている。


◆時間ばかりかけて堂々巡りをしているようで、「いっそのこと消費税増税なんて
止めたら?」と言いたくなる。面倒くさいことは一切やめて、現状のまま何もしない
のが一番いいんじゃないの? 「待てば海路の日和あり」で、「♪そのうちなんとか
な~るだろ~う♪」なんてさ。 議員なんて口先ばかりで、先のことはどうなろうと
知っちゃいない。自分達の身分さえ安泰なら「♪あとはど~うなっと、きゃーなろ
たい♪」


◆国民は何も増税を望んではいない。安い税のままが良いに決まっている。商
売する人にとっても消費税増税は痛手だ。国会議員だった有権者に頭を下げて
増税をお願いしなくても済むし、「消費税増税を阻止したんだ」と威張って主張で
きる。何より次の選挙で逆風を受けないで済むかもしれない。こんないいことは
ないんじゃないの?


◆これで日本経済に「神風」でも吹いて、好景気が訪れ、増収に次ぐ増収。国庫
が潤い、減税しようかという話がでてきたりしてさ。まぁこんなことはないだろうけ
ど、増税できなくて困るのは霞が関のお役人だけだろう。特に財務省だ。予定し
た税収が入ってこないのだから自分らの腕の振るいようが無い。そして国民に
は「政治家が増税を認めてくれないから年金も減り、医療も高くなった。みんな
政治家が悪いのだ」と責任転嫁する。しかし公務員の人件費だけは最優先で予
算を張り付ける。

◆こんな日本に見切りをつけて海外に高跳びするお金持ちが続出? こんな
最悪のシナリオが現実にならないことを祈るのみ。

« 梅満開 | トップページ | 春分の日の上野動物園 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/44526817

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来の日本の姿:

« 梅満開 | トップページ | 春分の日の上野動物園 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ