« 奥能登旅行写真集 (5) | トップページ | 鎌倉歴史探訪第4回 (1) »

2011年10月12日 (水)

誰もいない海

◆すっかり秋になってしまった。季節からすれば9月中頃の方がぴったりする
だろうが、トア・エ・モアの「誰もいない海」も好きな歌のひとつである。

     「誰もいない海」        作詞:山口洋子  作曲:内藤法美

 今はもう秋  誰もいない海
 知らん顔して  人がゆき過ぎても
 私は忘れない  海に約束したから
 つらくても つらくても  死にはしないと 

           今はもう秋 誰もいない海
           たったひとつの  夢がやぶれても
           私は忘れない  砂に約束したから
           淋しくても  淋しくても  死にはしないと

 今はもう秋  誰もいない海
 いとしい面影  帰らなくとも
 私は忘れない  空に約束したから
 ひとりでも ひとりでも  死にはしないと 


◆この曲は昭和42年「木島則男モーニングショウ」の今週の歌でジェリー伊藤
が歌ったのが最初だそうだ。その後昭和45年11月5日に「トア・エ・モア」が、
同日越路吹雪がレコードを発表した。トワ・エ・モアの澄んだフォーク調のデュ
エットは40年以上経った今でも色褪せることなく愛され続けている。


◆また越路吹雪のシャンソン調の大人っぽい歌も根強い人気がある。作曲の
内藤法美氏は越路吹雪の夫であるが、作詞の山口洋子は例のクラブ「姫」の
ママで多くのヒット曲の作詞をした山口洋子だとばかり思っていたが、実は同
姓同名の別人だと知ったのはつい最近のことだ。


◆肩書きに「作詞家」がつくのが例の山口洋子で、「詩人」の肩書で呼ばれる
のが、「誰もいない海」の作詞者山口洋子なのだそうだ。詩人山口洋子は
神奈川県の出身で、作詞家山口洋子より4才年上の1933年生まれ。そして
この「誰もいない海」が実は小田原の海を歩いていて、生まれた詩だったと
知って、二度びっくり。多分あの辺りだろうと見当はつくが。

           

« 奥能登旅行写真集 (5) | トップページ | 鎌倉歴史探訪第4回 (1) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/42463501

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいない海:

« 奥能登旅行写真集 (5) | トップページ | 鎌倉歴史探訪第4回 (1) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ