2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 今日から8月 | トップページ | 問われる法務大臣の死刑執行 »

2011年8月 2日 (火)

何のための自民党議員のウルルン島訪問

◆日本海島根県沖に浮かぶ竹島(韓国が不法占拠し、実効支配中)に近い韓国領
ウルルン島を自民党の3人の国会議員(平沢議員は中止)が訪問するとしてソウル
に渡ったが、当局から入国を拒否された。「公共の安全を害するものの入国を拒否
できる」という規定を適用されたらしい。


◆第一義的には「公共の安全を害するもの」とはテロ関係、スパイ容疑者等であっ
て、同じ自由主義国家の最高機関である国会議員に当てるような態度ではないし、
全く礼を逸した行動だった。しかし竹島問題に対する韓国の態度は上は大統領から
下は庶民や子供に至るまで凝り固まっており、ちょっとしたことで火に油を注ぐような
大騒ぎになることはウンザリするくらい見てきたことだ。先進国の仲間入りをしたはず
の韓国には全くふさわしくない小児病的癇癪症候群といってもよいだろう。


◆しかしこの時期、何の根回しもなく、腫れもののように思われている場所を訪れ
るという自民党国会議員の政治センスって何だろう。韓国の対応はある程度予想
されたし、このままスゴスゴ戻ったのでは政治家の沽券に関わること、何しに行った
のか問われかねない。


◆逆に韓国の国会議員が竹島からもっとも近い島根県の隠岐の島を多数訪れたと
したら日本はどう対応するだろうか。日本はごく普通に受け入れ、中には友好のた
めだとして歓迎会をするかもしれない。一部の漁業関係者はこの時とばかり抗議
をするかもしれないが、当局から抑えられるだろう。今日本の採るべき道は韓国か
らの 人、物、カネの侵略から対馬を守ることだ。現地に合った離島振興策の拡充、
国内からの観光客の増大、自衛隊の増強配置、が特に急がれる。

« 今日から8月 | トップページ | 問われる法務大臣の死刑執行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/41048824

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための自民党議員のウルルン島訪問:

« 今日から8月 | トップページ | 問われる法務大臣の死刑執行 »