2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 夏の味覚 ところてん | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) »

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン、スゴーい!

◆今朝未明、なでしこジャパンが強豪アメリカを破り、なんと優勝。金メダルを獲得
した。体格、体力いずれをとっても、重戦車と歩兵、大砲とピストル、重巡と軽装備
艇みたいな違いが感じられたが、耐えに耐え、凌ぎに凌ぎ、徐々に劣勢を挽回。
ついに追いついた時には「よくぞここまで」と観客も選手自身もそう思ったのでは
ないか。それからはむしろ選手には余裕の表情が生まれ、むしろアメリカは自信
が次第に緊張感に変わり、余裕の笑みが消えていった。


◆それがもろに表れたのが、PK戦に入ってからで、浮足立ったアメリカにとっては
勝利の女神がスルリと指の間から抜け落ちた瞬間だった。なでしこジャパンの無欲
の勝利と云えるだろう。フランクフルトの競技場に黄金の吹雪が舞った。若い女の
子達のひたむきな姿が感動を呼んだ。


◆それにしても女性上位の現今の日本の姿をよく表している。政治の世界も旧態
依然、優柔不断、我田引水の男社会を脱し、女性のリーダーが現れてもよいのだ
が田中真紀子じゃ古すぎるし、クールビズと防衛問題の小池百合子じゃ軽すぎる。
猪口邦子、片山さつき、佐藤ゆかり、辻本清美らはまだ経験が必要だし、福島瑞穂
は論外。期待した小宮山洋子は子供手当ばかりだし、ドイツのメルケル首相みたい
な重みのある女性リーダーが見つからない。いっそ、なでしこジャパンの”沢穂希”
なんてどうだろう。


◆日本列島に手荒い祝福者がやってくる。台風6号という迷惑な来訪者だ。その
来訪者を迎えるように明日から山陽、山陰方面に出かけてくる。どこかで立ち往
生なんてことにならなきゃいいが、しばらくブログも夏休みだ。

« 夏の味覚 ところてん | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

震災以降、久々の心に明るい希望を持たせる出来事でした。
優勝したということもですが、この日本に「彼女達のような女性達がいた」と言うことを知ったことが何より嬉しかったです。
 震災後の被災者達の忍耐と冷静さも「日本人を信頼する」出来事でしたが、今回も「日本人を信頼する」気持ちを私自身に持たせました。政府や政治家は信用できないけれど、日本人の隠れた底力を信用し、この日本に希望を持ちたいと思います。

そうですね。日本も日本人もまだ捨てたものではありませんね。そのルーツを辿ってゆけば、武士道、大和魂、大和撫子の精神に突き当るのではないかと秘かに思っているんですが・・・。時代錯誤かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/40856966

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこジャパン、スゴーい!:

« 夏の味覚 ところてん | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) »