« 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(3) »

2011年7月25日 (月)

山陰・山陽旅行ダイジェスト(2)

【第10位から第6位まで】

★第10位 萩武家屋敷散策
しっとりと小雨降る武家屋敷跡を散策。以前はなかった高杉晋作の像が立ってい
た。萩は指月城跡、菊が浜、明倫館跡、松下村塾跡など見どころ豊富だが、ツワー
では大体武家屋敷跡だけで終わってしまう。萩焼は素晴らしいが値も素晴らしい。

2011_0721 高杉晋作像


★第9位 伊根の舟屋群
今回楽しみのひとつだった伊根湾の舟屋群。遊覧船から眺める舟屋群は画像で
よく見る光景ではあったが、それほどの感慨はなかった。ただ、これだけの古い
木造2階建ての家屋がびっしりと軒を連ね、1階部分がそのまま車庫ならぬ艇庫と
なって海に面しているということは、いかにこの海が波静かな入江であるかの証
明だ。うらやましい限り。

2011_0723010

★第8位 金子みすゞ記念館
今年一躍有名になったACのCM「こだまでしょうか」の作詞者金子みすゞが長門
市仙崎の出身であったことを今回の旅行で初めて知る。以前2度ほど訪れたこの
地だが、当時は名前すら知らなかった。復元された書店「金子文英堂」は彼女が
二十歳までを過ごした場所で、当時の面影を色濃く残している。詩集2冊購入。


★第7位 門司港レトロ地区
25、6年振りに久々の訪問。寂れていた門司が大変貌を遂げていたことに驚愕す
る。かつて門司港が九州の玄関口としてもっとも華やかなりし頃の大正浪漫その
ままの姿に変身し、レトロで洒落た雰囲気はそのままテーマパーク。JR門司港駅
は昔のままの姿を残しており、いつまでも保存して欲しい駅舎だ。昼食に名物の
焼きカレーを頂く。カレーライスのグラタン風といったところか。まずまずの美味。

2011_0720005 門司港駅構内

★第6位 角島
山口県北部の日本海側にポツリと浮かぶ角島が脚光を浴びたのは2000年に本
土と結ぶ角島大橋ができてからのことで、映画・テレビのロケ地として有名にな
ったという。カーブと起伏のある白く長い橋をドライブする車のCMシーンは記憶に
新しい。それよりもまだ何もない頃、勤め先の友人達とこの島で夏の一夜をキャ
ンプしたことが思い出される。当時とは島のイメージはかなり違っていたが、やは
り晴れていればここは最高のスポットだ。

« 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/40948106

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰・山陽旅行ダイジェスト(2):

« 山陽・山陰旅行ダイジェスト(1) | トップページ | 山陽・山陰旅行ダイジェスト(3) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ