2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 船頭多くして、舟山を登る | トップページ | 湯河原万葉公園の蛍 »

2011年6月11日 (土)

典型的な梅雨日

◆昨夜からの雨は、いっこうに止む気配を見せず降り続いている。
空と海の境界線もボヤーっとして定かでない。
週末というのに釣り人は一人も出ていない。
こういう時はじっくり、読書は音楽にぴったりだが、その前にやることがあった。


◆真夏の節電対策に向けてエアコンの掃除だ。エアコンはこういうご時世だがら
使わないに越したことは無いのだが、ここにいてはそうもいかぬ。
窓の外は海だし、心地よい海風が吹いて快適ではと思われるが、そんな日は
1/3もあるだろうか。


◆ちょっと風が吹けば潮騒どころか塩騒音となる。更に風が強ければ窓ガラスに
ぶつかり、微細な潮の飛沫も飛んでくる。とても開けていられない。
それより最大のネックは窓の下を通る西湘バイパスの騒音だ。
夜中は通行量は減るものの、騒音は相対的に大きくなる。窓を開けて自然の風
を入れて安らかな睡眠を取りたいところだが、まず無理だ。


◆昨年の猛暑の際は27度設定で、2時間ほどのタイマーと扇風機を併用したが、
扇風機がタイムオーバーすると目が覚め、睡眠不良状態が続いた。
今年は15%の節電が云われているが、日中はできるだけ使わず、夜のみ2時間
ほど、28度の設定でいこうと思っている。
エアコンを掃除すれば少しは効率がよくなるはずと室外機のコンデンサー部分の
目詰まりも掃除して、備えたつもりだが、果たして暑さの方はどうなるか。

« 船頭多くして、舟山を登る | トップページ | 湯河原万葉公園の蛍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/40352338

この記事へのトラックバック一覧です: 典型的な梅雨日:

« 船頭多くして、舟山を登る | トップページ | 湯河原万葉公園の蛍 »