« 小学校の恩師の思い出(前) | トップページ | 小学校の恩師の思い出(後) »

2011年5月11日 (水)

小学校の恩師の思い出(中)

◆昭和20年代後半ころ、学校の先生には宿直当番というものがあって、当該日
には先生が何人かに声をかけました。親しいクラス仲間が誘いあって、夕食を終え
てから学校の宿直室に押しかけます。テレビやゲーム機などない時代、挟み将棋
や五目並べ、トランプなど様々な遊びをして、時間が経つのも忘れるほどでした。
ある秋の夜、帰り際に校庭から夜空を見上げると、満天の星空、天空には天の川
が白く淡くいっぱいに広がっていました。こんなにきれいな星空は長じてからも、
旅先で何度か観た以外、他にはありません。


◆家庭訪問は今でもあるのでしょうが、当時は盛んでした。親と教師のコミュニケ
ーションがよくとれた時代で、その日に訪問する順番を最後にしてもらい、酒肴を
出すなんてこともザラ。お酒が好きだった先生は楽しみだったようで・・。10数年前
の同窓会の時、悪ガキだった一人が「先生はうちの母ーちゃんば好いとったとやろ。
家庭訪問の時、そげん風に見えたとさ」、「バーカ、なんば言いよっとか。綺麗か
母ちゃんがいっぱいおったけんね」とか云々、そんな話で盛り上がりましたね。


◆先生は旧制高等学校の寮歌が好きで、国語の時間に教科書とは関係なく漢詩
調の難しい歌詞を黒板に書き、何度も読んで聞かせました。一高寮歌「嗚呼、玉杯
に花受けて~」とか三高寮歌「紅萌ゆる丘の花~」とか、北大予科寮歌「都ぞ弥生
の雲紫に~」とか・・。みんなその頃覚えたものです。そしてついに6年5組のクラス
歌を作ったと云って模造紙に書いて張りだしました。曲は「三高寮歌」の借り物でし
たが。先の同窓会の時、小生はその歌詞を忘れておりましたが、覚えていたクラス
メートがいて、二次会で朗々と歌っておりました。(続く)

« 小学校の恩師の思い出(前) | トップページ | 小学校の恩師の思い出(後) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/39949914

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の恩師の思い出(中):

« 小学校の恩師の思い出(前) | トップページ | 小学校の恩師の思い出(後) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ