2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大地震発生に思う (2)  計画停電  | トップページ | 大地震発生に思う (4)日本人の資質  »

2011年3月16日 (水)

大地震発生に思う (3)原発のこと 

◆昨夜寝入りばな、地震の夢をみた。眼が覚めるとそれが現実で、かなり大きく
揺れている。携帯の緊急地震速報もうなりを上げている。TVを点けてみると、10:
32分静岡県東部で地震発生、隣接する小田原は震度5弱という。11日の東北・
関東大地震に比ぶべくもない。そういえばあの大地震の余震でもM7が3回、M5
以上でも220回、まだ続く可能性があるという。さらに玉突き現象とでもいうのか、
茨城県沖、長野県、新潟県、静岡県と連鎖反応的に拡がっている。不気味だ。


◆昔は怖いものの代表として「地震、雷、火事、オヤジ」と云われたが、今は「地
震、津波、火事、原発」だ。もっとも怖いものが津波であることを再認識したが、
これは改めて書くことにしてここでは原発について記したいと思う。


◆福島第一原発では1号機から4号機まで、事故、火災、水蒸気爆発を起こし、
人体に影響を及ぼす程の放射性物質の漏えいを起こした。想定をはるかに超え
た地震や津波の影響とはいえ、信頼していた日本の原子力技術が大きく裏切ら
れた結果となった。石油などの化石燃料と異なりCO2排出を伴わないエネルギー
として再び見直され、海外の受注にも積極的に乗り出した矢先だっただけに残念
でならない。


◆電気という文明の利器を産み出した人類は、その果実を最高に享受してきた。
しかし停電などが長期に亘ればその反動として、混乱は計り知れない。だが、電
力に対する飽くなき欲望は止まるところを知らない。にも拘わらず、水力発電と
云えば自然破壊だ、ダツダム宣言だといい、火力発電と云えばCO2の排出だと
騒ぐ、原子力発電といえば、危険だ、自分達のところは反対だ、として一向に前
向きの議論にならない。


◆太陽光発電、風力発電、地熱発電はさらに強力に進めるのは当然だが、やは
り安定した大容量の供給には程遠い。日本近海に豊富にあるとされるハイドロ
メタンも早急な実用化が望まれるが、まだまだ10年、20年先の話だろう。


◆今回の巨大地震で東電や東北電力の供給能力は3割方落ち込んだと言われ
ている。原発の再生は不可能だろうし、新たな発電所の建設も相当の時間を
要するだろう。残された道は消費する我々が贅沢を抑え、昭和30年~40年の
生活水準に引き下げ、敢えて我慢の生活を送るしかないのでないか。

« 大地震発生に思う (2)  計画停電  | トップページ | 大地震発生に思う (4)日本人の資質  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/39247110

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震発生に思う (3)原発のこと :

« 大地震発生に思う (2)  計画停電  | トップページ | 大地震発生に思う (4)日本人の資質  »