2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「武士の家計簿」 | トップページ | 冬の花火 »

2010年12月12日 (日)

民主党の混乱極まれり

◆最近の政治の動きにはホトホト嫌気がさすが、菅さんはここにきて一旦は離反
した社民党と縁りを戻すという。国会での数の不足を補おうという算段だろうが、
福島党首に「普天間問題や武器輸出三原則問題などで、私がブチ切れにならない
ように」と念を押された。

◆前回離反のことは学習効果になっていないのだろうか。国会議員10名ほどの
小党の意見に国の大きな方向が左右されていいのか、そんなことになれば今度
は国民の方が「ブチ切れ」になりますぞ。いやもう、なりつつある。ここは管さん、
姑息な手段は考えず、民主党のマニュフェストの誤りは誤りと素直に認め、党より
は国民の目線に立って信じるところをグイグイ引っ張っていくことが信頼を回復す
る近道ですぞ。それでもだめなら、いったん政権を返上して野に下ることですな。

◆小沢元代表の「衆院政治倫理審査会」招致について、岡田幹事長はやっと踏み
切るらしい。逃げに逃げ回っていた小沢氏も問題だが、来年度予算編成の山場に
きているこの時期に、「なんで」という疑問も湧く。もし内閣支持率アップを狙っての
パフォーマンスであればちょっと疑問符がつく。

◆しかし、もともと小沢氏の「政治とカネ」の問題がうやむやになって1年以上引き
ずっていることにある。「私には一点のやましいことはない」と言い続けてきた。
であるならば、正式に公開の場で表明すればよいものを、それには出ない。
「政倫審」自体、小沢氏が自民党時代作ったもので、従来疑惑のあった議員は
皆でてきた。自分だけは別だとするならば、「ご都合主義も極まれり」だ。

◆「政倫審」招致が決まったとしても、本人は出ないと言っている。逆に民主党
両院総会の開催を求め、執行部の責任を追及すると豪語している。そうなれば
年末から、来年にかけて政局は混乱を極め、再び日本の政治は泥沼に陥る。
「アーア、出るは溜息ばかりなり」か。

« 「武士の家計簿」 | トップページ | 冬の花火 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 政権維持の為なら、政策は二の次、こんな国民を
裏切る様な、政権は一刻も早く解散して頂きたい!。
 そして、自民党は大連立に走るな!、もし遣りたければ
自民党から総理を出して頂きたい!。

そうですね。民主党はこの際小沢一派と決別して、自民党と大連立を組む。総理は自民党から。ただし谷垣さんはどうかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/38048191

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の混乱極まれり:

« 「武士の家計簿」 | トップページ | 冬の花火 »