« 事業仕訳第三弾終わる | トップページ | 2010年秋奈良旅行 (2) »

2010年11月 3日 (水)

2010年秋奈良旅行(1)

◆11月1、2日と奈良に行ってきました。平城遷都1300年記念祭の大イベントが
まもなく閉幕。ギリギリセーフのタイミングでやっと訪れることができました。(会期
は4月24日から11月7日まで) この時期だからどこに行っても人、人、人の波で
古都奈良は大賑わい。


◆またこの開催時期にタイミングを合わせるように、奈良の各寺院でも秘宝・秘仏
の特別開帳も前後して開催しています。中でも奈良国立博物館の「第62回正倉院
展」、10年の歳月をかけて改修した唐招提寺「金堂」及び三体の本尊、さらに興福
寺の「創建1300年記念国宝特別公開」などを見たくて今回の奈良訪問となった
次第。


【平城遷都1300年祭平城宮跡】

◆雨が降ったり止んだりの平城宮跡、修学旅行の生徒、全国からの観光客でごっ
た返す会場ですが、膨大な広さの平城宮跡、いくら飲み込んでも平気の平左です。
今から10年ほど前、この平城宮跡を訪れました。当時は朱雀門だけが復元され、
あとはだだっ広い静かな草地という感じで、いにしえの感慨に耽るには格好の場
所でした。

◆今回復元された「大極殿」は、大きさといい、建物自体の造りといい想像以上に
凄い。このように凄い建築物を1300年前の日本人が本当に建てたのか、その建
築技術の高さに改めて驚かされる。建物の中央には正八角形をした天皇の玉座、
「高御座」(たかみくら)が置かれ、その大きさと威厳にも圧倒されました。


◆また上海万博にも出典された「復元遣唐使船」も会場の隅に置かれておりました
が、建造にあたり当時の設計図や資料は何もなく、残された「絵」などをもとに殆ど
想像の世界で再建されたようです。残念ながら時間の都合で入ることはできませ
んでした。  (続く)

« 事業仕訳第三弾終わる | トップページ | 2010年秋奈良旅行 (2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/37513714

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年秋奈良旅行(1):

« 事業仕訳第三弾終わる | トップページ | 2010年秋奈良旅行 (2) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ