« 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第5回) | トップページ | 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第6回) »

2010年10月20日 (水)

日本の中国との付き合い方 (1)

◆何か事があれば、反日デモが繰り広げられる中国。日本はいつまでも強力な
中国の経済力、軍事力の前に従順でなければならないのか。日本も熱くなって
あちらの土俵に乗ってしまえば、相手の思う壺。ここは今後10年間の中国の政治、
経済、社会の動きをよく見極め、短期、中期、長期に亘る対中戦略を立てねば
ならない。

◆中国は政治的交流のみならず、決まっている文化的交流までも 、一方的に何
の説明もなく中止を通告してくる。国と国、人と人の約束も何もあったものじゃない。
そこで、まず超短期戦略だが、これらに対抗する手段としてではなく、11/12~27
日に亘って中国杭州で第16回アジア大会が開催される。


◆このまま反日デモが続き、対日感情が悪化すると、大会に臨む日本選手団の
身辺に危険が伴う。もし何か起こってからでは遅い。再び国際問題に発展する。
今、騒ぎが起こっている段階で、選手保護の観点から大会参加を見合わせると
いうカードをちらつかせてはどうか。韓国と協調すればより効果的だ。
日韓が出場しないアジア大会など中国にとって面白くも何ともないだろう。


◆次に日本が困っていることはレアアースの輸入問題。中国に100%頼れない
ことははっきりした。時間がかかっても、今から産出が見込まれる国(モンゴル
や豪州など)に対して、国は民間を後押しする形で、技術供与し、早急に複数の
国から調達できるように図らねばならない。


◆尖閣諸島の問題は放っておけば、ますます侵犯されるだろう。巡視艇を増強し、
四六時中海から空からの監視を強化しなければならない。同時に、国連、欧米
の政府筋、マスコミを同乗させ現場を知ってもらう工作も必要。さらにこの近辺
で日米共同軍事訓練も定期的に行うことがより効果的だ。

« 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第5回) | トップページ | 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第6回) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/37313660

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の中国との付き合い方 (1):

« 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第5回) | トップページ | 博さんが選ぶご当地叙情歌ベストコレクション (第6回) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ