2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 秋到来 | トップページ | 秋の味覚 »

2010年9月27日 (月)

尖閣問題・・今後どうする?

◆尖閣諸島で領海侵犯した中国漁船船長を拘留期限前に無条件釈放した民主
党政権に対して与野党から非難轟々、責任を追及する声が湧きあがっている。
確かに釈放したにも関わらず、中国からは何の見返りも得ないばかりか逆に日
本への謝罪と賠償を要求される事態となった。

◆外交に素人の政府高官達は甘い見通しに手詰まり感を隠せず、困窮状態の
はずなのに、大相撲9月場所の千秋楽になんと管総理大臣がニコニコしながら
観戦しているではないか! 「オイオイどうなってるの?相撲など観戦している
場合か」といいたくなるが、総理自身どうしていいか解らず、とりあえず余裕が
ある振りを演じているのかもしれない。


◆しかし、こうなってしまってから政府の責任をああだ、こうだと追求しても遅い。
国論が割れ、沸騰した状態になってもっとも喜ぶのは誰か?もちろん中国では
ないか。ここは日本の国益を第一に考え、国際世論に対し「尖閣諸島の 日本
の領有の正当性、今回の中国漁船の不法状況をビデオなどの客観的証拠を
示しながら訴え続けることが肝要だ。さらにその後の中国政府の理不尽な報復
措置を世界中に知らせることも言うまでもない。

◆次に尖閣諸島周辺の警備、訓練などの強化が必要だが、日本単独では力不
足だし、中国に舐められてしまう。早急に米国との協調のもとに、日米合同軍事
訓練を展開していくことが必要だ。


◆そもそも日本はレアアースの調達などはもとより、経済面で中国なしではやって
いけないような社会の仕組みを作り上げてしまった。これに対し、中国は日本なし
でも全然問題ない。むしろ世界に覇を遂げるには日本が邪魔だから、日本を版図
に組み入れたいという野望を持っているはずだ。かてて加えて強力な軍備を整え
核を備えてしまった。

◆「国際紛争解決の手段としては武力は行使しない」という高邁な理想を掲げた
日本は核や強力な軍備を背景とした脅しの外交になす総べもないということが
この際はっきりわ解ったはずだ。「なんとかに刃物」というが、「共産主義に武力」
という目的のためには手段を選ばない相手と対峙してしまう事態を招いた。
日本は有史以来の岐路に立たされている。



« 秋到来 | トップページ | 秋の味覚 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/36952938

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題・・今後どうする?:

« 秋到来 | トップページ | 秋の味覚 »