2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 酒匂川のその後 | トップページ | 民主党、この1年間の功罪 »

2010年9月15日 (水)

菅さん。いよいよ英断の秋(とき)

◆民主党代表選で菅さんが予想外に大勝した。ただし国会議員票では6人の僅
差でかろうじて勝った。この辺に国民世論と永田町の先生達との感覚のギャップ
を感じる。つまり議員の半数近くは「おカネに関し、少々ダーティなイメージであっ
ても政権運営に剛腕を発揮し、グイグイ引っ張って行く人」を望んでいるようだ。
しかし世論はまずおカネに対しクリーンであって、そのうえで政策面の実行力が
ありリーダーシップを発揮できる人を期待しているのではないか。


◆一昔前は前者のようなリーダーがこの国では通用したが、今の世はまず前提
としてクリーンであることを世間は求めている。そのうえにプラスして決断力、実行
力、リーダーシップが求められている。「実行力、決断力で、余り期待できないと
してもカネに汚い人よりは、公正でクリーンな政治家の方がまだ増しだ」との見方
が今回の代表選の現れではないか。小沢氏支持の若手は完全に見誤っている。


◆もし小沢氏が勝って総理になったとしたら、国会冒頭からカネの問題で野党の
追求を受け、重要議題が後回しにされ、政策運営に支障を来すだろう。検察審議
会の起訴相当の二度目の結論が出ても、一議員であれば影響は少なくてすむ。
さらに中国べったりの小沢さん、600人の訪中団を率い、胡錦濤にへつらい外交
をしたが、尖閣諸島領海問題で毅然として対応できるだろうか。


◆それよりもむしろ、これからの菅さんの政権運営能力が注目される。菅さん
全員野球、400人内閣、50乃至100のPT(プロジェクトチーム)などと言っている
が確かに一人のスーパーマンが全てを取り仕切る時代ではない。如何に機能的
な組織を作り、運営していくか。 一つ躓けば内閣が引っくり返るような難題が
目白押しだ。菅さんに必要なのは経済・外交面の優秀なブレーンだ。優れた人材
であれば広く民間から登用し、内閣でその力を発揮してもらいたいと思うのだが。


« 酒匂川のその後 | トップページ | 民主党、この1年間の功罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 今日は、やっと猛暑から逃れ一息、っと言ったところです。
 さて、菅さんですが、如何なものでしょう?、
やっと出番が来たけど、先ずは人事での小澤さんの処遇。
 そして政権運営?、野党にも協力をえ、部分連合の様に?、
って?、さんさっぱら、自民党を徹底的に攻め麻生内閣を
退陣に追い込んだくせに。
 政党政治って言うのは政権を奪取しなかったら駄目なんで、
当然、野党の目的は政権奪回!、
菅さんの言う様には行かないと思います。
 外に敵、中に敵、どうやって、政権運営するのか
観モノですね?。

やっと涼しくなりましたね。菅さんなんとか体勢を持ち直しましたが、内憂外患、これからが大変ですね。小沢氏は「一兵卒になって菅政権を支える」とか言っていますが、そんな殊勝な人じゃない。スキあらば足をすくおうと虎視眈々。いっそ小沢さんを普天間問題と領土問題特命大臣にしたらどうでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/36749962

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さん。いよいよ英断の秋(とき):

« 酒匂川のその後 | トップページ | 民主党、この1年間の功罪 »