2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ドラマ「竜馬伝」について | トップページ | 初めての入院、手術 »

2010年7月12日 (月)

どうなる参院選後の政界

民主党が大幅に議席を減らし、自民党と「みんなの党」が大幅に議席を伸ばして
衆参のねじれ現象がまた起きた。

民主党は選挙直前、菅さんが突然「消費税問題」に言及し、それが他党の攻撃
にさらされて、敗戦の一因になった。しかし同じ消費税でも自民党はもっと大胆に
10%を打ち出し、勝利した。なぜか? つまり、菅さんは発足当時の支持率の
アップに気をよくしたのか、この重要政策を党内論議を経ずして、軽々しくも持ち
出し、自民党に便乗したように見られたこと。これがマイナスに働いた。財政再建
の重要性を強く打ち出し、簡潔に分かりやすく説明することが大切だった。

党内には、早くも執行部の責任論が持ち上がり、小沢グループの逆襲が始まっ
たと言われている。9月の代表選に向けてまた党内のゴタゴタが噴出しそうな様相
を呈してきたが、こうなったら民主党もおしまいだし、国民も不幸だ。
3か月ももたず、また内閣がかわることになるのか。国民は本当にそんな事態を
望んでいるのだろうか。まだ仕事らしい仕事をさせてもらってはいないのだ。


「みんなの党」は大躍進に有頂天になり、「連立を組むことはあり得ない」、唯我
独尊で、「俺たちの主張に同意するものは、この指止まれ」などと言っているが、
自分らの政策を本当に実行するためには、政権をとることが一番。そのためには
順調に行って、あと衆院選で4回、参院選で3回、早くても15~20年以上かかる
だろう。その間、選挙民は待ってくれるだろうか?
一時的なブームが長続きすることは少ない。かって新自由クラブ、日本新党など
がブームを起こして、政権の一翼を担うことがあったが、結局、離合集散、合従
連衡を繰り返し、雲散霧消してしまう政党がほとんどだった。


今の民主党も、離合集散、合従連衡をを経て30年ほどかけて、やっと政権の
座に就くことができた。ところが野党時代の理想と、政権を取った時の現実との
大きなギャップに、政権運営の厳しさが骨身に染みてわかってきたのだろう。


ねじれ国会で、与野党互いに相手の非をなじり、話し合いしても自党のメンツ
が第一で、国民はそっちのけ、何事も決まらず、国会は混乱と停滞が続き、世界
からはどんどん置いてけぼり、なんだかそんな姿が見えてくる。「みんなの党」に
期待するのは民主、自民の間に立って、政策の調整を諮り、国民の側に立って
政治をやってもらいたい。ちょうど薩長連合を果たした坂本竜馬のように。

« ドラマ「竜馬伝」について | トップページ | 初めての入院、手術 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

     管さんは、自信過剰に成ってしまったんじゃないかと思いました。
     何が行けなかったかと言うと、鳩山さんと小沢さんが辞め、
     支持率がV字回復しましたね、この辺りから
     自信、付いちゃったんじゃないかと?、
     政治に対する謙虚な気持ちが無くなってしまったのが
     敗北の原因かと?。
     一方、渡辺さんは遣るべき事しか言わなかった、
     一番分かりやすかった。
     谷垣さんは異常と言えるほどの危機感を以って
     頑張って居た。
     民主党はもっと、与党としての責任をもち、
     如何したら、法案を通せるかを
     真剣に成って考えて欲しい。
     それと、党内の整理をしないと駄目だ
     右の端から左の端まで居る様では話が纏まらない
     自民党もかなり広い層が集まっては居るが
     民主党程では無い、
     自民党と民主党からみんなの党に近い人が
     移って行けば、今回のの民意に一番近い
     政府が出来そうだ?。

再び、今日はゆっきーです。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/6f0a8a041b12a670dd29a82b5a7971a8

自民党と小沢勢力が合併?、小澤総理の誕生?。
こんな、記事を見かけました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマ「竜馬伝」について | トップページ | 初めての入院、手術 »