2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 箱根西坂「推定平安鎌倉古道」を歩く。 | トップページ | 小泉さんの「郵政民営化法案」は何だったのか? »

2010年6月 9日 (水)

菅内閣波乱の船出

◆菅内閣が誕生した。小沢はずしが功を奏し、若い党執行部、若い内閣でフレッ
シュさとクリーンさを前面に出し、発足当初から内閣の支持率、党の支持率とも
急激にV字回復を示した。しかし問題は山積み、一歩間違えばまた急落すること
は確実。閣内でも亀井さんらと郵政問題では綱引き。野党・マスコミとも新内閣の
アラ探しで虎視眈眈と首のすげ替えを狙っている。
◆いったいこの国は総理になる人の資質の問題もあるが、国民の方も「国が何を
してくれるか」に重きを置き、じっくりとリーダーを育て、リーダーとともに汗を流す
という素質に欠けているのではないか。
◆マスコミは視聴率重視策から面白おかしく、政局の動きばかり追い、地道な政
策の立案、実施、結果などを報道することは少ない。今回の菅内閣発足でどうや
ら良識の府らしい姿が見えてきたが、参院選で負けてしまえばまた、元の木阿弥。
どことどこが組むとか、内閣の顔ぶれがどうとか、内側にばかり目が行き、世界
はいよいよ日本に愛想を尽かしてしまうだろう。日本沈没に向かってひたすら突
き進むばかりか。

« 箱根西坂「推定平安鎌倉古道」を歩く。 | トップページ | 小泉さんの「郵政民営化法案」は何だったのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今日は今日は良い天気ですね。
基本的には順法精神でしょ!、小澤さんなんて、自分で創った
法律だから、からっきし、バカにして居ましたよ。
こう云う、議員が居る限り、マスコミ、有権者はつつきます。
菅内閣が何処までコンプライアンスを守れるかが
今後の政局を左右するでしょう?。
法律を創った者が、守れなかったら意味ありませんからね、
恥ずかしい事です。

菅内閣発足直後の支持率が急激に回復したからといって
今のうちに選挙だ!と突入するのも如何なものか。
国会議員は国会で議論し政策を進めていくのが仕事。
深夜にいろいろ駆け引きやるより、会期を延長しても
政策論争し、だめなものはだめ、妥協するところは
妥協とはっきりしたほうが、結果的に選挙もいい結果
が出るのではないだろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/35161687

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣波乱の船出:

« 箱根西坂「推定平安鎌倉古道」を歩く。 | トップページ | 小泉さんの「郵政民営化法案」は何だったのか? »