2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 今日から5月 | トップページ | 上海万博と中国の将来 »

2010年5月 3日 (月)

憲法記念日に考える

◆憲法論議は過去に何度も、興隆期と低調期を繰り返してきた。改定するための
事務手続きに関する法律が成立したにも関わらず、一向に盛り上がらない。
憲法論議を持ち出すと、反射的に「平和憲法の否定、軍備増強、戦争肯定に繋が
るもの」だと、反対する勢力が騒ぎ立てるからだ。本来憲法とはその国の形、方向
が決められるもので、法治国家の根幹をなすものだ。◆現在、日本の国は行く先
不透明感、閉塞感が漂っている。昔、英国病と言われた一種の先進国病に罹って
いるものと思われるが、こういう時こそ目先の対処療法も必要だが、根本的な国の
在り方、目指すべき針路を示す時だろう。◆現憲法は戦後の混乱期にGHQから
民主化五大改革を指令され、法改正を迫られたが、時の政府は明治憲法の大枠
から踏み出すことはできなかった。GHQの意向を汲み再提出するが、まだ隔たり
が大きいと拒絶され、結局「GHQ民政局」の草案をもとに「憲法改正草案」がまとめ
られ、昭和21年10月7日「日本国憲法」が成立した。 同年11月3日公布、翌22年5
月3日施行された。 ◆爾来、63年が経過した今、世の中の情勢は大きく異なって
きた。特に国の防衛に関する現状は憲法の規定とは大きくかけ離れている。
防衛問題に限らずこの国の設計図が古くなり、それをもとに造られた「日本丸」は
老朽化し、部分的修理で対処してきたが、今や対応できないほど劣化している。
◆今こそ新たな設計図を作り、その図をもとに「新日本丸」建造が必要なのだが、
「わかっちゃいるけど」誰も手がつけられない。日本人は自分たちの手で憲法を
作れないらしい。
63年前アメリカの手によって日本国憲法ができたように、40年後
には中国の手によってわが国憲法ができているかもしれない。その証拠に中国が
極秘裏に作った2050年の中国の地図には関西以西の西日本は中国の一つの
省に組み入れられ、東日本はチベット等と同様な「日本自治州」となっているのだ

« 今日から5月 | トップページ | 上海万博と中国の将来 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/34499259

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に考える:

« 今日から5月 | トップページ | 上海万博と中国の将来 »