2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東京スカイツリーと東京タワー | トップページ | 結婚式に行ってきました »

2010年5月 8日 (土)

ギリシャが燃えている

◆前政権の放漫財政に端を発し、ギリシャの財政危機が表面化。政府の赤字削減
策に抗議する大規模なデモが繰り返され、過激派の暴走で死者を出す騒ぎとなって
いる。 政府は①公務員給与の減額 ②消費税を23%に引上げ ③年金支給額の
減額 を打ち出し、民衆の怒りの連鎖がはじまったからだ。しかし混乱の根は深い。
◆もともと国民の納税意識が低く、いかに脱税するかに注力すると聞く。また徴収
する側も厳しさに欠け、実効があがらない。そんな中で国の借金が膨らみ、財政
危機に陥ったため、EUとIMFが厳しい条件をつけて巨額の融資をせざるを得なかっ
たことによる。もし破綻してしまえば、スペイン、ポルトガルに飛び火しEUはもとより
世界経済が大変なことになる。 昨日、世界中で株価が暴落したのもその現れと
いえるだろう。 ◆それにしても、ギリシャといえば、
☆アクロポリスの丘のパルテノン神殿に象徴される古代ギリシャ文明の発祥地。
☆ソクラテス、プラトン、アリストテレスら哲人達を生んだギリシャ。
☆ピタゴラス、ユークリッド、アルキメデスら多くの学者を輩出したギリシャ。
☆英雄アレキサンダー大王が活躍したギリシャ。
☆古代ローマ帝国以前に都市国家を築き、オリンピックを発祥させたギリシャ。
あの栄光のギリシャはどこに行ってしまったのだろう。
◆近くは、ケネディ大統領の未亡人ジャクリーン・ケネディと結婚し話題を呼び「20
世紀最大の海運王」といわれたオナシス、天使の歌声もかくやと思わせるナナ・
ムスクーリ・・。古代から人類の文明をリードしてきたギリシャが21世紀の今、EUの
お荷物なった。楽天的なラテン系の気質に政治の失敗が重なって、今回の事態を
招いたものと思われるが、日本も対岸の火事とばかり傍観していられない。
失政は国を滅ぼすことになりかねないのだ。今の民主党の政治がそのまま続くと
したらギリシャの危機が日本にもやってくる。

« 東京スカイツリーと東京タワー | トップページ | 結婚式に行ってきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/34584191

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャが燃えている:

« 東京スカイツリーと東京タワー | トップページ | 結婚式に行ってきました »