2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「未来小説2020年」 | トップページ | 今日から5月 »

2010年4月29日 (木)

事業仕分け第二弾終わる

◆昨日、事業仕分け第二弾が終わった。参院選を前にしたパフォーマンス
だとか、切り込み方が足りないとか、チマチマした事業を取り上げただけで、
もっと抜本的な独法そのものの必要性に踏み込むべきだとかいろいろ批判
もあったようだ。◆しかしながら、世間の衆目を集め、見えない部分にスポット
当てたりした点などはそれなりの成果をあげたといえるのではないだろうか。
今後この事業仕分けの効果をさらに高めるために、
①規模を拡大し(投入人員の拡大、チーム数の増加)、全ての独法、公益
 法人を対象に、継続的に実施回数を増やしていくこと。
②仕分け人には与党民主党だけでなく、野党自民党など適格な人材であれ
 ば登用し、超党派で当たってはどうか。
③マスコミで著名なコメンテーターやリポーター、元官僚の大学教授なども
 起用してはどうか。
④一度仕分けした結果がその後どのように進展しているか、検証するため
 に何度でも行うことが必要だ。
◆要すれば、日本の国際的な競争力が後退し、全体の活力が失われつつ
ある要因のひとつが、官僚組織の自己増殖、肥大化にあるといえよう。
ここを早急に、抜本的に改めていかないと、日本の再生の道は遠い。

« 「未来小説2020年」 | トップページ | 今日から5月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/34438168

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け第二弾終わる:

« 「未来小説2020年」 | トップページ | 今日から5月 »