2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 性犯罪と法規制 | トップページ | 鳩山内閣いよいよ沈没か »

2010年3月27日 (土)

「なごり雪」

昭和48~50年頃、当時社会人になって7、8年。 結婚して子供も
でき、仕事の挫折も、自信も経験した頃だった。当時フォークソング
がブームであることは知っていたが、彼らはテレビを拒否して、草の
根運動的に広がっていたので、あまり聞く機会はなかった。
◆そんな中でいい曲は次第に耳に残っていったが、「イルカ」が歌う
「なごり雪」もそんな曲のなかのひとつだ。この曲の作詞・作曲は
「かぐや姫」のメンバーの一人だった伊勢正三で最初は、彼らが歌って
いたが、スローテンポに編曲し直して「イルカ」が歌ってから爆発的に
ヒットした。◆歌詞の設定では田舎にいる恋人(多分高校生くらいか)
を東京駅に見送りにいった別れのシーンのように思うのだが、伊勢氏
によると、自分の故郷大分県の津久見駅を思い浮かべて作詞したと
のこと。 ◆「かぐや姫」に限らずこの時代のフォークグループは私ら
の世代よりは5~10歳ほど若い世代であるが、我々と同じアナログ
時代の情緒、雰囲気を持っていた。いやむしろアメリカン・フォーク
輸入世代の我々に対し、日本の、日本人の良さを美しいメロディと
歌詞で創り出し、新しい音楽のジャンル生み出したという点で特筆
されるアーチスト達だと思う。

   「なごり雪」          作詞・作曲 : 伊勢 正三

 汽車を待つ君の横で  ぼくは時計を気にしてる
 季節外れの雪が降ってる
 「東京で見る雪はこれが最後ね」と さみしそうに君がつぶやく
 なごり雪も降る時を知り  ふざけ過ぎた季節のあとで 
 今 春がきて君はきれいになった 去年よりずっときれいになった

 動き始めた汽車の窓に顔をつけて  君は何か言おうとしている
 君のくちびるが「さようなら」と動くことが
 こわくて下を向いてた  時が行けば 幼い君も
 大人になると 気付かないまま 
 今 春がきて君はきれいになった 去年よりずっときれいになった
 
 君が去ったホームに残り 落ちてはとける雪を見ていた
 今 春がきて君はきれいになった 去年よりずっときれいになった  
  

« 性犯罪と法規制 | トップページ | 鳩山内閣いよいよ沈没か »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/33954718

この記事へのトラックバック一覧です: 「なごり雪」:

« 性犯罪と法規制 | トップページ | 鳩山内閣いよいよ沈没か »