2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 観音様、鬼子母神に破る。 | トップページ | 今日から3月 »

2010年2月27日 (土)

社会保障番号(納税者暗番号)のこと

◆先日国会で、野党議員から「朝三暮四」の意味を聞かれた鳩山さん、
「朝決めた事を、夕には変えてしまうこと」というように答えていた。
これは「朝令暮改」の誤りだ。正しくは昔、宋の国に猿が好きで、たくさん
飼っていた狙公という男がいた。所が急に貧乏になったので、猿の食糧
も減らすことになった。そこで猿たちにこういった。「お前たちの食事の
ドングリを朝は三つで、夕がた四つでどうか」と。すると猿たちは大いに
怒ったので「それでは、朝が四つで、夕方三つではどうか」と言うとおおい
に喜んだという。つまり、目先の利害にこだわって結果は同じであること
に気づかぬ愚かさを表す譬えである。
◆以前、社会保障や納税の促進を計る上で国民一人一人に番号をつけて
一括管理をしようという案が持ち上がったが、「国民総背番号制」に繋がる
ものだと総スカンを喰って何度もお蔵入りになった。それでも、機械化の
進展から「住民基本台帳番号」はなんとか採用されたものの、一部の
自治体はプライバシーの侵害に繋がるとかなんとか言って参加を拒否し、
結果的にあまり活用されてはいないようだ。
◆ここにきて、民主党政権は「真に手を差し伸べるべき人に対する社会
保障を充実させ、また所得税の公正性を担保するため正しい所得把握が
必要不可欠だとして社会保障番号(納税者番号)制度を導入するため
本格的に検討を始めたと伝えられた。
遅きに失した感もあるが、アメリカでは早くからSocial Security Number
制度があって預金から年金から納税まで、すべて管理されている。
◆さきに制定された住民基本台帳と統合し、有機的に活用されれば
納税に関する不公平さや年金の支払い・受給に関する公平さは是正され
従来の制度自体抜本的に改革することができるのだ。もちろん個人の
プライバシー保護という観点は最重要視されなければならない。
◆これでも「総背番号制の導入だ」と先のお猿さんみたいに騒ぐ人達が
出てくるだろう。そのときは「税金をとるだけのためではないのだ。
受けるメリットの大きさも十分分かるように説明する必要があるだろう。

« 観音様、鬼子母神に破る。 | トップページ | 今日から3月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/33555062

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障番号(納税者暗番号)のこと:

« 観音様、鬼子母神に破る。 | トップページ | 今日から3月 »