« 大晦日雑感 | トップページ | NHK大河ドラマ「竜馬伝」が始まる »

2010年1月 2日 (土)

箱根駅伝の話

★平成22年の新年を迎えた。
新年といえば恒例の箱根駅伝。すっかり正月の
風物詩となった。小田原中継点から芦ノ湖畔
ゴールまでの5区で2年続けて、東洋大学が
大逆転劇を演じ、往路優勝を果たした。

★この5区の舞台となる小田原から箱根芦ノ湖
まで
の道路が開通したのは今から106年前の明治
37年(1904)だった。 福沢諭吉の助言などで地元
の篤志家達が資産を投げ打ち、多額の借金を重ね
ながら、多くの人の尽力を得て、30年の時間をかけ
やっと幅4.5mほどの人力車が通れる程の道路が
完成したのだった。これが国道1号線のルーツと
なった。
★完成から16年後、大正9年(1920)日本マラソン
の父といわれる「金栗四三」氏の提唱で、早稲田、
慶応、明治、東京高師の4大学が参加し、第1回
東京箱根間駅伝が開催された。
それから90年後の今年、歴史の重みを感じながら
小田原の我が家の前で、母校青山学院大の健闘
に声援を送る私の姿があった。

« 大晦日雑感 | トップページ | NHK大河ドラマ「竜馬伝」が始まる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/32830609

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝の話:

« 大晦日雑感 | トップページ | NHK大河ドラマ「竜馬伝」が始まる »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ