« 寒話急題(1) | トップページ | 箱根旧街道を歩く »

2009年12月14日 (月)

酒匂川に鹿が出没

国道1号線の酒匂川に架かる酒匂橋のたもとに「鹿に注意」という標識が立っている。引っ越してきた当時、まさか?昔の話だろうと信じられなかった。ところが昨年冬、橋を渡っているとき、中州で大人のペアらしき鹿が木の芽や葉っぱを食べているのを見つけた時は「本当なんだ」とびっくりした。
★自然の河川とはいえ、人口20万人の地方都市である。鹿が生息する丹沢山から直線で25kmもある。その間、町や人家が多数あるのだ。冬になったら餌を求めて下流まで降りてくるのだろう 
★それからばったり見なくなったが、今日河川敷の運動公園でジョギング途中に、1頭の鹿を見つけた。逃げる様子もなくこっちをじっと見ている。そのうちブッシュの中から3頭の鹿が次々に現れた。まだ大人になる前の若い雌鹿のようだ。細長いトラックの芝生のうえを走ったり、草を食んだり、しばらくしてまたブッシュの中に消えていった。その昔は鹿狩りの対象になったであろう。今では車が天敵かもしれない。無事に育って欲しいものだ。

« 寒話急題(1) | トップページ | 箱根旧街道を歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/32607864

この記事へのトラックバック一覧です: 酒匂川に鹿が出没:

« 寒話急題(1) | トップページ | 箱根旧街道を歩く »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ